静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」

静岡県文化財団は静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」の指定管理者です。

静岡県文化情報総合サイト しずおかの文化情報

静岡県内の文化活動に関する様々な情報をお伝えします。

静岡県文化財団とは

 公益財団法人静岡県文化財団は、各種の文化振興事業を行うことにより個性豊かな県民文化の振興を図り、もって県民生活の向上と活力あふれる郷土づくりに寄与することを目的として昭和59年5月22日に設立されました。

 以来、「文化情報の提供事業」、「文化意識の啓発事業」、「文化鑑賞機会の提供」、「地域文化の振興事業」など各種の事業を推進しています。
また、平成10年度からは、静岡県が設置した静岡県コンベンションアーツセンター「グランシップ」の管理・運営を県から受託し、平成18年度からは、「グランシップ」の指定管理者として、「管理運営受託事業」、「グランシップ自主事業」、「友の会事業」等を実施しております。

 なお、静岡県では、平成23年3月「第2期ふじのくに文化振興基本計画(静岡県文化振興基本計画)」を策定し、第1期に引き続き、「みる」「つくる」「ささえる」人を育て、感性豊かな地域社会の形成を目指す<ふじのくに芸術回廊の実現>を政策目標として掲げています。

 当財団では、同計画を踏まえ、県民の皆様に「多彩で良質な芸術文化に触れる機会」「新たな文化創造の機会」を身近に提供し、静岡県の文化環境を豊かにしていくことが、当財団及びグランシップの役割であると考え、各種事業を推進してまいります。

インフォメーション

文化情報の提供「しずおかの文化」新書、創刊

「家康 その一言〜精神科医がその心の軌跡を辿る〜」

徳川家康は、ときに果敢に戦い、ときにじっと耐えながら天下を手に入れた英雄としてあまりにも有名です。
ところがその家康が「神経質」性格を持った人物であったことはあまり知られていないのではないでしょうか。
本書では『神経質』を礼賛する精神科医・南條幸弘氏が、今まで語られてきた家康像から神経質性格の「弱力性」「強力性」の二面性に着目し、その行動や言動について考察します。

全19冊好評発売中!

鑑賞機会の提供 地域音楽公演 開催

 当財団では、静岡県内の中高生が学校単位で県内の公立文化施設において芸術文化を鑑賞する場合に、その交通費負担の軽減を図るため、交通費の一部を支援しています。
 28年度は当財団が指定するグランシップ主催公演を対象とします。
 詳しくは事業課(054-203-5714)までお問い合わせください。


もっと詳しく見る

文化事業助成制度 ふじのくに文化交流・発信事業補助金

※現在募集しておりません

 2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催を契機に国、静岡県、県内市町及び文化芸術活動団体が一体で推進する文化プログラムの一環として、「あらゆる人々が参画し、当県の多様な文化芸術を発展・継承させ、その価値を県内外、国内外に発信する活動」を支援するため、各種の文化芸術活動や「ささえる」活動を実施する個人又は団体に対し予算の範囲内において補助金を交付します。

もっと詳しく見る

文化団体の顕彰 地域文化活動賞

平成27年度の募集は終了しました。

新しい時代にふさわしい地域文化を育て、文化の香り高い郷土づくりに貢献している文化団体を募集し表彰しています。

もっと詳しく見る